June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スプリンターズステークス2016ミッキーアイルは絶不調

今年は猛暑が続いたことでミッキーアイルの仕上がりに不安が広がっている。帰厩したのが遅く体も細くなって戻しつつの調整となってしまった。もともと昨年もぶっつけ本番になったように夏場は良くない馬。それでも十分に力をだせるから心配していない(助手)と陣営は強気だ。3歳時は高い素質を披露しながらも古馬になっていまいち流れに乗れないミッキーアイルは今年も挑戦者として厳しい立場での競馬を強いられそうだ(参考:ゲンダイ)

こういった調教の遅れはかなり痛いだけに馬券で割引のは当然だろう。先週あたりの涼しい時期はあったが今週はまた暑くなることが予想されるだけに万全の仕上がりになるかは不明できちんと追い切り調教を見ておきたい。ディープインパクト産駒の1200mは弱いという風潮があるが、この馬の頑張りは高い評価が与えられる。それだけにしっかりとした状態で出走できないのは非常に痛い。

今年は無理なく逃げに徹する可能性は高いが単なるペースメーカーとしてビッグアーサーをアシストしてしまうことも考えられる。あまりに人気になるようなら馬券からはずした方が賢明と言えるかも知れない。

秋華賞で激走する馬を探す

2回中山開催6日目のメインレースは、百花繚乱の牝馬たちが凌ぎを削る中山牝馬S。ハンデキャップ競走ということもあって、“実績馬”と“上がり馬”が競い合い、華やかな中にも激しい戦いが期待される。5月のヴィクトリアマイルに向けての、重要なステップレースとして位置付けられており、見逃せない一戦だ。

一般的に、“春先の牝馬は調子の維持が難しい”と言われるように、このレースは波乱の傾向が強い。過去10年で、単勝1、2番人気馬が揃って4着以下に敗れた年は5回あって、その5回とも馬連配当が5,000円を超える決着となっている。

今年の出走予定馬を見ても、どの馬が人気になるのか読めないほど、混戦ムードが漂っている。桜花賞馬キストゥヘヴンを筆頭に、4頭の重賞勝ち馬が出走を予定しているが、軽ハンデが魅力の“上がり馬”も多く、例年以上の激戦となりそうだ。

キストゥヘヴン(牝5・戸田博文)にとって、桜花賞を制した後は苦しい戦いの連続で、重賞戦線では掲示板に載るのが精一杯の内容だった。1番人気に支持された前々走のターコイズS(中山・芝1600m)で13着に大敗したが、今季緒戦となった前走の京都牝馬Sでは、中団から脚を伸ばして3着。ようやく復活への一歩を踏み出した。昨年のこのレースは5着だったが、当該コースは3歳春にフラワーCを快勝したゲンのいい舞台でもあり、桜花賞以来のVも期待できそうだ。

今度は馬券をおごるよ

一昨日、猿こと寺田克也とメシを食った。
久々ー。
阿佐ヶ谷までタクシーで行って寿司。
おごってもらった。
ごちそうさま。
食後に喫茶店でお茶しながら、ダイエットなど、
とりとめのなーい話しをした。
猿に「運動しろよ、運動。散歩しろ」と云われたが、
「能動的な事はしなーい。受動的なことだけするのー。
だから競馬はオッケーだけど、散歩はだめー」
と、だらだらとしていた。
猿は私の「抜け殻」具合が楽しかったそうだ。

馬券好きの女

2人でいる時の方が断然好きやわ。
まぁ色々とかわいい人もいますけどねー。
腕枕されるよりもする方が安心感があるというかなんというかってことだね。(違。)

…なんなんだろ、今日の日記は。あぁ。
少女漫画読んだからだろうか。
一緒にいたいがタメにバスを過ごす俺様。すまんことです。

私は言われても恥ずかしくてそんなに喜んだりはできないんだけどね。
可愛くないし。(死)
男としてはなぁ。私が男だったら察しきれんかもしれんわ。
こんな女。馬券好きだし。

暑い日のできごと

本日午後は陶芸。
最近3台目のmacをお買い求めになった方の話を聞く。
この教室、macユーザー多し。たしか4人いる。
韓国旅行から帰ってきた方のお話も伺う。
旅行のスケッチや食べた料理のスケッチを見せていただく。
(この旅行、食事が豪華であったらしい)

やたら下手な騎手が多い

最近は混戦の競馬が目立つようになり騎手の乗り方も馬券になるか決定づける要素として大きくなってきている。以前は騎手には体内時計があるなんて言われていたがレースを見る限りウソなのがよく分かる。体感で分かるのはキャンター程度までと言われているので過大評価しないように気を付けたい。

なあ、ペースが分かっててアホみたいな位置取りしてたら八百長し放題ですよね。やはり体内時計なんてないと考えるのが妥当でしょう。ただ、騎手がどう乗るかなんていうのは運の要素が強すぎるから簡単にはいじりにくい。穴馬だったら実績のある騎手が乗るケースは少ないからねえ。好きな騎手で買うというのも案外悪くないのかもね。
1
pagetop